セルフイメージを変えて簡単に成功する方法

【ドクターモルツのサクセスグループ】は、目標や目的をリラックスして自動的に達成していくためのセルフイメージの活用の方法を習得していたくための自己啓発プログラムです。今なら1ヶ月無料お試しができます。
セルフイメージを変えて簡単に成功する方法トップ > - > スポンサーサイト
新着情報
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | pookmark |
90%はメンタル
サッカーでも野球でもゴルフでも何でもそうだが、世界のトップ数%というレベルになると、技術的な差はほどんどなくなる。

もちろん、知識の差などほとんどゼロに近い。

プロゴルファーのジャックニコラスはかつて、『90%はメンタル的な事だ。技術的な差は10%に過ぎない』と言ったが、これは誰しもが認めることだろう。

私が見た前回の世界陸上では、トップの人(金メダル)と4位の人(メダルなし)の差が0.24秒だった。

ここにどれだけ筋肉の差があるかは分らない。

ただ、その時の選手が頭の中にイメージしていたことが、激しく影響が出るのはまちがいないだろう。

しかし、ビジネスとなるとどうだろう?

インターネットビジネスにしろ何にしろ、スポーツほど、肉体を使うことはない。ほとんどが自分の頭の中でやる行為だ。

ホームページを作る、キャッチコピーを考える、キャンペーンを考えるなどなど。

これらは全て自分の頭の中で考えてイメージしたことを実行している。

だったら、ビジネスの世界ではメンタル的な事がもっともっと重要視されてもいいもんだけど、現実はそうではない。

ビジネスの世界になると、そういったメンタル的な事がないがしろにされて、技術的なこと、つまりWEBマーケティングだとか、SEOだとかそんな事ばかりが重要視されてしまいがちだ。

ビジネスの世界でもトップ数%の人はメンタルの大切さを信じている。

もし、あなたがインターネットでちょっとお金を稼いでみようとか、仕事をしてみようとか思った事があるなら、たくさんの情報がとても簡単に手に入ることに気づくだろう。

しかし、そんなに情報が溢れているのに、成功している人はほんの一部だなんて何かおかしいと思ったことはないだろうか?

そう。ほとんどの人は自分の外側の事(それは情報だったり、ツールだったり)ばかり追いかけて自分の内側の事に目を向けようとしない。

なので毎日のようにいろんな情報に振り回されて、最後には疲れ切ってしまう。

あなたがどんな分野で成功するにしても、成功は自分の外側にはない。成功は自分の内側で見出すものだ。

-----------------------------------------------
BY小川忠洋
無料レポート『あの人は何故いつも成功するのか?』では、
Drモルツが発見した心理学上最大の発見を公開している。
ダウンロードはこちら>> 無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか」

----------------------------------------------

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
| 小川忠洋さんの記事より | pookmark |
催眠
It is no exaggeration to say that every human being is hypnotized to some extent, either by ideas he has uncritically accepted from others, or ideas he has repeated to himself or convinced himself are true.

人間は誰もがみな、ある程度は催眠にかかっているといっても過言ではない。
他人から無批判に受け入れた考え方や、自分で勝手に真実だと決め込んでいる考え方が人間を催眠にかけるのである。

催眠状態にある人は、まさか自分が催眠にかかっているなんて夢にも思っていない。

あなたはそうなっていないだろうか?
ただの人の意見と、事実とをごちゃまぜにしてないか?

机上の理論と、実際の経験をごちゃまぜにしてないか?
現在と過去と未来をごちゃまぜに考えていないか?

特に子供のころ、親から「お前はこういう人間だ」と言われるとそれを無抵抗に受け入れる事が多い。

あなたは本当にそういう人間だったのか?

あるいは、今、上司や同僚、周りの人間から「お前はこういうやつだ」と言われているならそれは本当に受け入れていいものだろうか?

もし、「お前は内向的な人間だ」と言われているなら、その根拠はなんだろう?
それは事実だろうか?思いこみだろうか?

そのような催眠を受けて、その催眠通りに行動していないだろうか?
彼らの期待にこたえるような行動をしていないだろうか?

その催眠があなたにとっていいものであればそのままにしておけばいい。

しかし、あなたにとって望ましくないものであれば、(まあ、ほとんどはそうだろうけど)
今すぐ、催眠を解かなければいけない。
そして、自分がどういう催眠状態に入るのか自分で選べばいい。

-----------------------------------------------
BY小川忠洋
無料レポート『あの人は何故いつも成功するのか?』では、
Drモルツが発見した心理学上最大の発見を公開している。
ダウンロードはこちら>> ドクターモルツ | 成功するための思考法
----------------------------------------------

参考 Dr.モルツのブログ
ドクターモルツ | 成功するための思考法

| 小川忠洋さんの記事より | pookmark |
自信はどこにも売っていない
もし、あなたが営業の仕事をしているなら、新規客を開拓する際に最も重要なのは、セールストークうんぬんではなく、自分の商品に対する自信である事には賛成してもらえるだろう。

もし、あなたが小さな会社の社長だったら、自信をもって販売できる商品にするために商品品質を上げることに日々、頭を使っているだろう。

もし、あなたが何らかのインターネットビジネスをしようとしているなら、スタートする時に最も必要となるのは、知識や人脈などではなく、成功するという自信に他ならない。

この"自信"という不思議なものは、仕事やビジネス上もっとも重要なファクターであるにも関わらず、どうやって手に入れるかが分からない。

営業手法やビジネスのノウハウなどは本屋に行ったり、あるいはインターネットで情報収集をしていればスグに見つかるものだ。そのような本や情報はどこでも売っているし、実際ベストセラー商品でもある。

だが、どんな本屋に行っても、インターネット上のどこに行っても"自信"というものは売っていない。

『"自信"5万円で売ります。』

こんなキャッチコピーは見たこともないだろう。自信というものは外部から与えられるものでなく、内部から発生するものだからだ。

自信を持てば、ほとんどの人間関係は改善される。自信を持てば、ほとんどの仕事は上手くいく。自信を持てば、気分もよくなり、毎日が楽しくなるだろう。

しかし、ほとんどの人はこの自信というものに対して、何の興味も示さず、それが生まれつきのものかであるような態度を取る。実際
自信は生まれつきのものではない。今からでも獲得できるものだ。

例えばちょっとした事を達成するだけでも自信はつく。自信のない人と自信のある人は、ちょっとした視点(フォーカス)の違いを持っている。

どんな違いかと言うと、自信のある人は自分の達成した事にフォーカスする。これがどんなくだらない事でもどんな小さな事でもだ。逆に自信のない人は自分の達成できなかった事、あるいは、自分のやってしまった失敗、間違いなどにフォーカスする。

このちょっとした違いを毎日毎日繰り返すことによって、自信は構築されもすれば、破壊されもする。幸運なことにどちらの道を選ぶかは、自分自身の意識で決めることができる。

視点(フォーカス)を変えて自信を構築しよう。そすすれば、いろんな事がうまくいきだす。毎日が楽しくなるだろう

-----------------------------------------------
BY小川忠洋
無料レポート『あの人は何故いつも成功するのか?』では、
Drモルツが発見した心理学上最大の発見を公開している。
ダウンロードはこちら>> ドクターモルツ | 成功するための思考法
----------------------------------------------

参考 Dr.モルツのブログ

ドクターモルツ | 成功するための思考法

| 小川忠洋さんの記事より | pookmark |
セルフイメージを変えて簡単に成功する方法トップ > 小川忠洋さんの記事より > 何故、プラス思考は結果が出ないのか?
何故、プラス思考は結果が出ないのか?
今から約10年前、私は高額な自己啓発プログラムに投資をしました。

そして、そこに書いてる通り、目標を設定しプラス思考で毎日を過ごすことにしました。

5年後、私は会社をつくることになりましたが、事業の方はまったく上手くいかず、来月の家賃が払えるかどうかで、毎晩、頭がいっぱいでした。

私がどんなにプラス思考でいても、状況はとてもプラスとは思えるようにはなりませんでした。その時いた、たくさんの友達も同じような状況でした。

皆、前向きでプラス思考だったにもかかわらず、状況は決して良くはならなかったのです。

プラス思考はウソなのか?

こんな風に考える事もありました。何故なら自分の周りはみんなプラス思考だったにも関わらず、みんな成功していなかったからです。

何故、プラス思考が効果がでなかったのか?それには理由があります。

プラス思考という考えはとても素晴らしものですが、一方で、とても誤解されているものでもあります。

ほとんどの人は、“プラス思考”と言う時に、何か明るい未来の事を考えます。そして、それを考えただけで、(あるいは考えていれば)その未来がやってくると思っています。

当然ながらそのような事はあり得ません。

プラスの未来を考えたら、プラスの未来になるように今現在の行動を変える必要があるのです。

そして、今現在の行動を変えるには、今の自分を変える事が必要です。

ほとんどのプラス思考信者は、さまざまな自己啓発本や高額なセミナーに参加してプラスに“考える”だけで、“行動する”ことがありません。

そして、いくらプラスに考えても、プラスな未来はやってこないので、現状とのギャップに悩むようになる場合もあります。

自分を変えずにプラス思考だけを続けていれば、未来はきっと明るくなると、盲目的に信じてしまうのはある意味、危険でもあります。

プラス思考の前にまず私たちは現在の自分を変えなければいけないのです。

現在、私はプラス思考を続けています。ただし、5年10年前の当時のプラス思考と同じではありません。

プラス思考とプラス行動によって自分の未来を作っています。

-----------------------------------------------
BY小川忠洋
無料レポート『あの人は何故いつも成功するのか?』では、
Drモルツが発見した心理学上最大の発見を公開している。
ダウンロードはこちら>> ドクターモルツ | 成功するための思考法
----------------------------------------------

参考 Dr.モルツのブログ

ドクターモルツ | 成功するための思考法

| 小川忠洋さんの記事より | pookmark |
目次
モバイル
qrcode
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS

JUGEMブログテンプレート ▲このページの先頭へ